学生

受験のポイント

大学受験では英語の点数アップが必要

家庭教師

大学受験では英語の点数を上げることが非常に重要で、受ける学部によっては英語の点数によって合格が決まる場合もあります。英語がこれほど重視されるのは、国際化社会になって実際の仕事で英語を使う機会が多いからです。他の科目は100点でも英語の配点を200点にしている大学や学部の数も多いです。 大学受験の英語の基礎になるのは語彙力であり、毎日コツコツ勉強を積み重ねて単語や熟語を覚えていかなければ、実際の試験では良い点数を上げることは難しくなります。大学受験をするときは最低でも3000の単語を身に付けないといけません。すぐに覚えることは不可能なので、毎日単語の勉強をする必要があります。単語の力がついてくると、文法も分かりやすくなってきます。

長文を早く読めるようにしよう

大学受験では英語の長文問題が出題されますが、多くの受験生がこれを苦手としています。時間内に問題の解答を書けない場合もあり、そんな時には英語の点数が下がってしまいます。 まず単語の数を増やして、その後は基本的な文法を頭の中に入れたら、長文は読めるようになります。基本的な文法を身に付けるには、基本的な文法の事項が含まれた英文を暗記することです。それによって自然と英語の文法は身に付きます。 初めは長文を読むスピードは遅いかもしれませんが、量をこなすと早く読めるようになります。量をこなすことで、長文の効率的な読み方が分かるようになるのです。長文が多く出題される大学もあるので、早く長文を読めるようになると大学受験の時に非常に有利です。